当院での鍼灸治療の方法

ステップ1:カウンセリング

記帳台

まず、あなたの“カラダの歴史を探る”ところから始まります。

現在カラダに起こっていること(症状・病)は今までの生活の積み重ねによるもの、記憶に残るケガや病気などが原因であることが多いです。この考えから、ご自身のカラダの歴史を振り返ることが必要です。予診票に出生時の状態から今までの健康状態などを記入して頂きじっくりとお話を伺います。

*お話されたくないことを無理に伺うことはありませんのでご安心ください。

ステップ2:診察

診察風景

症状が出ている場所の細かいチェックの他に、 全身の状態を探るために手首の脈、お腹、背中を診させて頂きます。それぞれとても大事な診察ですが、一番重視しているのが“お腹”です。

一言でいうと“お腹はカラダの地図”です。

お腹は、東洋医学では全身の状態が現れる重要な場所と考えられており、また解剖学的にもたくさんの臓器が詰まっているので、触れるとその状態=全身の状態、臓器の状態を探ることができます。臓器の活動が良い状態であればお腹は一定の柔らかさ温かさがあり、不調を起こしていると硬さや冷えが出てきます。
意外かもしれませんが、臓器の活動の状態が様々な筋肉や関節の状態に反映されていることが多いものです。また昔のケガの傷や手術の痕が体に負担をかけていることも多いので、傷のチェックも行っていきます。

ステップ3:はりとお灸

施術風景

カウンセリングの内容、診察の結果を総合的に判断し、原因の追究を行うことで、一人一人の患者様に適した経穴(ツボ)を導き出し、鍼灸を提供します。
主な流れは①仰向け→②うつ伏せ→③もう一度仰向けの流れが基本です。
どの段階でも、はりやお灸を行いながら、症状・脈・お腹の変化(うつ伏せの時は背中)をチェックというような流れで、はりとお灸がしっかりとカラダに効いているのか確認しながら治療を進めていきます。
*姿勢はその方に無理のない姿勢で行います。一般的な流れは仰向けからですが、横向きや座った姿勢で行うこともあります。(例)お腹が大きい妊婦さんは横向きで治療など

ステップ4:生活上のアドバイス

アドバイス風景

カウンセリングから治療を通して判断した、症状・病の根本の原因について当院の考え、それに加え健康的に過ごせるよう生活に向けたアドバイスをさせて頂きます。

ステップ5:セルフケア指導と治療計画の提案

セルフケアの説明風景

ご希望の方には、お灸を中心としたセルフケアをご提案します。Konronの鍼灸をお持ち帰り頂き、ご自宅でもセルフケアを楽しんでください。
治療には適切なタイミングがあり、受けすぎても受けなさすぎてもカラダは治りません。最後に、お一人お一人に合った適切な来院間隔や回数の説明をさせて頂きます。

アクセス

〒901-2225
沖縄県宜野湾市大謝4-3
(詳しくはご予約時にご案内いたします)

診療時間・休診日

AM9:30-12:30
PM1:30-6:30

*祝日も診療しています。

*火、木の午後は往診の時間となっています。

*時間外の診療は可能な場合もございますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ご予約・お問い合わせ

ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

電話番号:080-3978-8109


LINE ID:@njo5422b

qrコード